金利や利息ってなんですか?

金利とはお金を借りる時の費用のことを言います。
カードローンやキャッシングでは金利は「%」、つまり割合で表示されます。
例えば金利15%であれば借りたお金に対し15%の利息を払う必要があるということです。
金利は基本的に年率となりますので1年間お金を借りた場合に発生する利息の割合で示されます。
例えば金利15%で10万円借りた場合、1年後に支払う利息は10万円×15%=15000円となります。
この場合、利息は15000円支払わなければいけないということになります。
中には月利や日歩で示すこともあります。
金利には利息や利率、利子といった似たような単語があります。
金利は利息の割合を示すもので、利息は実際に支払うレンタル料そのもののこと。
利率は金利とほぼおなじ意味で使われることが多く、利子と利息も同じと思ってよいでしょう。
カードローンやキャッシングの金利は扱う金融機関ごとに異なります。
調達コスト、借り手の信用度、物価の先行き、返済期間によって金利は決まります。
ですから同じ金融機関で同じ金額を借りるにしても人によって金利はそれぞれ異なります。
利息は元金×金利で計算しますが、1年未満に発生する利息に関しては元金×金利÷365日×借入期間で計算します。
例えば10万円×15%=15000円を365日で割り1日あたりの利息を算出します。
15000円÷365日=約41.1円
1ヶ月間借りた場合の支払利息は、41.1円×30日1233円ということになります。興味がある人はコチラへ

金利や利息ってなんですか?

宮崎銀行カードローンの気になる詳細を調べてみた!

宮崎銀行カードローンには「おまかせくん」と「SaKuLa(サクラ)」の2種類あります。
おまかせくんはWEB上で申込みから契約まで完結させることが出来使い勝手も非常に良い一枚です。
SaKuLaはおまかせくんのようにWEB完結は出来ませんが必要書類のやりとりを郵送で済ませることが出来るので来店しなくても契約手続きがとれます。
どちらも低金利での借入が出来ますので普段から宮崎銀行を利用している方なら使いやすいカードローンといえます。
カードローンに申込む上で気になるのが申込資格条件ではないでしょうか?
どんなにスペックの高いカードローンでも申込資格や審査基準が厳しいと利用できませんから誰しも気になる部分ですよね。
宮崎銀行のカードローンはどちらも融資対象が幅広く、専業主婦やパート・アルバイトの方でも申込むことが出来ます。
銀行カードローンは敷居が高いと感じる方も多いですが、宮崎銀行のカードローンなら気軽に申し込めます。
申し込みに必要な書類は簡単なものだけでOK。
用意が面倒な収入証明書は不要ですので書類の準備や手続きに時間がかかりません。
カードローンですから繰り返し借り入れできるのもポイントです。
借入は専用のローンカードを使ってATMより引き出すことが出来ます。
宮崎銀行のATMはもちろん、セブン銀行、E-net、ローソン、ゆうちょ銀行と幅広く対応していますので、何時何処でお金が必要になっても安心です。
カードローンを利用する前にしっかりと契約を立てたいのが月々の返済です。
無理な借り入れをしてしまい返済が苦しくなっては意味がありません。
宮崎銀行カードローンは、月々2000円からの少額返済ですから毎月無理のない返済ができます。
返済は普通預金口座からの自動引落ですから返済し忘れがなくて安心です。アコムの在籍確認は勤務先に電話連絡は来る?土日は?

宮崎銀行カードローンの気になる詳細を調べてみた!